防水工事

  • バルコニーの防水(ウレタン防水)

  • ベランダの防水(ウレタン防水

適材適所の防水工事で建物の資産価値を守ります

防水工事と一言に言っても、その工法は様々。
重要なのはその場所にあった、「適材適所の工事方法を採用する」ということです。

ここでは、各工事方法の特徴とおすすめの施工箇所をご紹介しています。

ウレタン防水

ウレタン防水は、現在国内で行われている防水工事の半数近くを占めている人気の工法です。
軽量で比較的に安く、液体と塗布するので平坦な場所ではなくても防水が可能です。

また、つなぎ目がないため美しい仕上がりとなり、建物への負担がほぼないのもウレタン防水の強みです。

■ウレタン防水が特に適している箇所
・貯水槽や室外機などの設備が多い屋上やベランダ
・複雑な形状の現場、狭いスペース

塩ビシート防水

塩ビシート工事は寿命が長いのが特長です。
耐候性のある塩化ビニール樹脂に耐久性を付与した塩ビ防水シートは、紫外線や熱、オゾンに対して優れた耐久力があります。
耐摩耗性があるので歩行が可能で、メンテナンス性に優れ、長期的に使いたい場合は最適な工法と言えます。

■塩ビシート防水が特に適している箇所
・ビルの屋上や駐車場など、広範囲で平たんな場所

長尺シート

長尺シートは、防水シートを接着剤やテープを用いて床面に貼り付けて施工します。
幅の広いロール状の塩化ビニルシートなので、耐摩耗性・耐候性に優れています。
施工後すぐに歩行が可能になることから、入居者やビルの利用者に負担をかけず、短期間で改修工事を済ませることができるという特徴があります。

■長尺シート防水が特に適している箇所
・マンションやビルの通路、階段、階段、ベランダなど

【電話】0797-98-9816
【代表直通】090-8206-2584
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】宝塚市・伊丹市・西宮市・川西市・尼崎市・箕面市・吹田市・池田市・豊中市
※その他地域の場合でもお気軽にご相談ください)

一覧ページに戻る